ボディコーティングって?

こんにちは☆*
四日市のマイカーリースでお馴染みのカーオーダーMです♪

みなさんは、お車にコーティングはされていますか?

今回は自分にピッタリのコーティングが見つかるよう解説していきます!

コーティングとは?

ボディコーティングは、コーティング成分がボディ表面に薄い被膜を作り、日光やホコリ・有害成分などがボディに直接触れないように保護するというものです。

被膜がボディを覆うことでボディ自体に傷がつきにくく、撥水もしくは親水というコーティング効果で水分が流れやすくなるため水垢もできにくくなります。

また塗装面を保護するため色あせもしづらく、コーティングに含まれる成分が出す光沢やツヤにより見た目も美しくなります。

コーティングをするメリット

  • ツヤが長続きする
  • 雨水や汚れをはじく
  • 洗車で汚れが落ちやすく楽になる
  • 小キズを防ぐ
  • ボディの色あせを防ぐ
  • きれいな状態を保つことで査定額がアップする

洗車はあまり好きではないのでコーティングをして綺麗が長続きするのはズボラ的には嬉しい♪

新車の時にコーティングするべき?

車のボディを保護するボディコーティングは、中古車・新古車問わず施工することができます。特に表面がきれいな新車時に施工しておくことで、より高いコーティング効果を発揮します。

また新車購入の契約時にコーティングも予約しておけば、納車時にはコーティングされた状態で車に乗れるため、別途時間を割く必要がありません。

傷や汚れがつく前にコーティングすることで、下地処理などの作業量が少なくなり時間削減や下処理代金が不要になるなどでメリットがあります。

どこに頼むにしても、ボディコーティングを検討するユーザーは、ボディ表面が傷んでいない新車のうちに施工しておきたいところです。

コーティングの種類

ボディコーディングの素材は数多く存在し、それぞれにメリット・デメリットがありますが、主なものとしては油脂系コーティング・樹脂系コーティング・ガラス系コーティング・ガラスコーティングの4つがあります。

どの方法も、コーティングに含まれる成分による光沢が得られます。

油脂系コーティング(ワックス)

油脂系コーティングは、いわゆるワックス類のことを指し、質感のあるツヤと見た目の美しさ・撥水性のよさが大きな特徴です。

一般ユーザーでも施工がしやすい一方、耐久性は低く、数回雨が降ったら再度施工しなければならず、コーティングの効果は数週間~1ヶ月程度とされています。

樹脂系コーティング(ポリマーコーティング)

樹脂系コーティングは、「ポリマーコーティング」ともよばれており、市販されているもの中では最も多く出回っているタイプです。

耐久性は油脂系コーティングと比べて向上しており、コーティングの効果は2~3ヶ月ほど持続することが期待できます。

ガラス系コーティング

ガラス系コーティングは、上記2つよりも耐久性に優れるという特徴があります。

コーティングにガラス成分が含まれることで耐久性に優れ、加えてガラス以外の成分による施工のしやすさも特徴です。

ガラスコーティング

似たような呼び方をするものにガラスコーティングがありますが、こちらはほぼ100%ガラス成分でできています。

名前こそ似ているものの、他の成分が含まれるガラス系コーティングとは似て非なるものなので、混同しないよう注意が必要です。

ガラスコーティングはガラス系よりさらに高い耐久性を誇りますが、ムラができやすく高い施工技術を必要とするため一般ユーザーが施工するにはハードルが高い方法です。

また、一般的にコーティングというとボディの塗装面に施工するものが中心ですが、中にはウインドウガラスやホイール・ヘッドライト・無塗装の樹脂部分などに施工できるコーティングもあります。

当社の施工ランキング

おわりに

いかがだったでしょうか?
コーティングで検討中の方はお気軽にご相談くださいませ♪
コーティングの商品種類は多く、何を施工するか、何があっているか
ピッタリのものをご提案させていただきます☆*

いつまでも新車のように輝くお車に乗って
すてきなカーライフを送りましょう♪

関連記事

  1. 後悔しないための車選びポイント

  2. 大切です!!見えない所のメンテナンス

  3. ブレーキパッドを交換しました

  4. 忙しい毎日が続いております!!

  5. 新型エブリイワゴン何が変わった?

  6. えっ!!そのライト車検通らないかも!?