誰にでもできる、ホワイトアウト時の咄嗟の対応とは?

四日市のカーリースでお馴染みのカーオーダーMです☆

寒い日が続きますが体調はいかがですか?

寒い日は日中でも視界が悪くなったり、急な天候の変化で運転にも注意が必要です!

その中でも今回はホワイトアウトしてしまった時の対処法をご案内します!

ホワイトアウトとは、道路脇に積もっていた雪が強風で舞い上がったり、降雪と強風が重なったりしたときに、視界が真っ白になってしまう現象です。
予期する事が難しく、突然視界が奪われてしまいます。
車を運転中このホワイトアウトに遭遇したら、どのような対応をしたらいいのでしょうか。

運転中ホワイトアウトにあった時の対応

できるだけ車を目立たせる

高速道路には、以下7つの場所に非常電話が設置されています。

視界が奪われたら、周囲に自分の存在を知らせるため、ハザードランプを点灯します。

視界が確保できる場合は安全な場所を目指す

車線や周囲がある程度見える場合は、視界を確認しながら慎重に徐行します。路上に吹き溜まりができている場合もあるので、運転には十分注意してください。

道路緊急ダイヤル

おでかけの前には、気象庁が発表している雪の情報を確認し、運転を控える判断も必要です。
万が一身動きがとれなくなったら、すぐに道路緊急ダイヤル(#9910) へ連絡をとり救援を要請しましょう。

いかがでしたか?

急なトラブルは冷静な判断ができなくなってしまうので事前に対処法を学んでおくと安心です。

お車のトラブルございましたからお気軽にカーオーダーMへご相談くださいませ!ラインでもお気軽にご相談できます!

関連記事

  1. ”即納車”できる車あります!

  2. 実は相性が良い!自動車保険×ドライブレコーダー搭載で安心!

  3. 新登場!三菱「デリカミニ」ってどんな車?

  4. 黄砂の季節到来!洗車はどうする?

  5. 車検時必要な納税証明書とは?

  6. 65歳以上の方でも安心のプラン「かえせ〜る」