車の乗り替えのタイミングは?

こんにちわ!カーオーダーMです。
今回は「車の乗り換えのタイミング」についてお話したいと思います!
ベストな車の乗り替えのタイミングは購入から何年目なのでしょうか?

古くなったり距離が進んだら乗り換えてるけど
車の乗り換えっていつがいいんだろう?

車の乗り換えを検討されている方やどうしようかと迷っているという方は、ぜひ参考にしてください。

車の乗り換えのタイミングを、乗り換えの流れや乗り換え方法、注意点と共に解説していきます!

【車の乗り換え】タイミングのまとめ

基本的に車はきちんとメンテナンスをしたり、消耗品を交換したりと手入れをしっかりしていれば、かなりの期間乗り続けられます。
乗換えの一例として以下のような理由をよく伺います。

年式、距離共に進んできたので新しい車に乗りたい
今の車に付いていない安全性能が高い車に乗りたい
ガソリンも高くなってきたので低燃費な車が欲しい

新しい車であれば、新しい技術が搭載され、乗り心地がよくなったり低燃費な車も選べます。また維持費や安全面、使い勝手の面でメリットがあります。
一方で、車の乗り換えをするためには、以下の懸念点を考慮しなければなりません。

また今乗っている車にローンがあるなら、完済させる必要があります。また、乗り換えに必要な費用も確認しましょう。

車の乗り換えのタイミング

車を乗り換えるタイミングは人によって異なりますし、乗っている車や使い方によっても異なるでしょう。
車を購入してから定期的に車検を受ける必要があります。初度登録から3年、それ以降は2年ごとに車検を受けますが、目安として軽自動車でも約5万円、普通車なら約10万円ほどが手数料などを含めた車検代として必要です。
新車から数年しか経過していないなら問題ないものの、車のコンディションや走行距離によっては部品交換やメンテナンスが必要となり、思わぬ出費になることもあるでしょう。
車検に思っているよりも費用がかかるとわかれば、車検のタイミングで新しい車に乗り換えようかと考えるかもしれません。

新型車が出たタイミング

新型車が出るタイミングも、車の乗り換えの時期となります。新しい技術や性能の車に乗れるので、今の車から乗り換えを検討される方も多いのではないでしょうか?
また、新型車が出るとこれまでの車は旧型となるため、リセールが下がることが多いです。一概にはいえないものの、モデルチェンジでの変化が大きいと、旧型の買取価格が大きく下がる可能性もあります。
モデルチェンジ情報があるなら、新型モデルが出る前に乗り換える選択肢も検討いただけます。

車の乗り換えの目安は?

車の乗り換えの目安を確認しましょう!
次の2つの目安となる時期についてみていきましょう。

リセールを考慮した3年目

リセールを考慮して、3年で乗り換える方もおられます。3年ということは、初回の車検のタイミングとなりますが、初度登録から3年はちょうど新車保証が切れるタイミングです。

車の状態がよい場合が多く、リセールバリューも期待できるので、車の価値が高いうちに売却したいなら3年が節目になります。

3年落ちであれば、メンテナンス費用や経年劣化した部品の交換もほとんど不要です。煩わしいメンテナンスが不要なうちに、新しい車に乗りたい方も3年で乗り換えるとよいでしょう。

2回目の車検の前になる5年目

2回目の車検の前の5年というタイミングで乗り換える方もおられます。新車からの特別保証や延長保証が5年となっている場合が多く、保証が切れる前に乗り換えるという選択です。

保証が切れてしまうと、保証範囲になっている部品の交換が必要なときは自費での修理となります。近年の車は5年で交換しなければいけない部品は多くないとはいえ、走行距離によっては交換やメンテナンスを検討するものもあるでしょう。
車検費用の他に、メンテナンス費用が必要にならと、乗り換えを検討する方もいらっしゃいます。

5年以内であれば、過走行車と判断されにくい走行距離のことが多いため、乗り換えのタイミングといえます!

車の乗り換えで必要な手続き

車の乗り換えに際しては、必要な手続きが多々あります。次に必要になる手続きについて確認していきましょう。

購入したい車のリサーチをする

車の乗り換え後の車の用途や目的などを考えて、どんなタイプの車が必要なのかをじっくりと検討しましょう。車の乗り換えには、ライフスタイルの変化も大きく影響します。
スライドドアが搭載されている車種なら、広々しているので子どもを乗せやすいでしょう。また、2人で乗る機会がほとんどであれば、コンパクトカーであれば維持費を抑えられます。
また、車種やグレードごとにオプションなどの装備品が異なってくるので、どの機能や装備が必要かをリストアップしておくとよいでしょう。

現在の車の買い取り店を決める

車の乗り換えの際には、車の購入だけでなく、売却する方法も考慮しておきましょう。

見積もりを出してもらう

車を売却するお店を決めて、見積もりを出してもらいましょう。今乗っている車にどれくらいの価値があるのかを知っておくことは重要です。買い取り金額が把握できれば、新しく購入する車の予算を立てやすくなるでしょう。

ローンの残債の確認

車の乗り換えを検討するときには、ローン残債の有無に注意が必要です。現在の愛車をローンで購入していたのであれば、払い終わっているかどうかを確認しましょう。
ローンが残っている場合であっても、買取金額からローン残債を一括で返済できる場合もあります。この場合は、買取金額でローン残債を返済できる金額なのか確認しておきましょう。

車の購入や売却に必要な書類をそろえる

購入したい車や今の車の売却先が決まったら、価格の交渉をして、契約をするという段階になります。その際に必要な書類を事前に準備しておくと、手続きをスムーズに進めることができるでしょう。
準備ができていないと、契約ができずに新しい車の納車時期が遅れてしまうということもあるので、事前に必要な書類を確認しそろえておくことがおすすめです。

保険や自動車税などの手続きを行う

車の乗り替えを行なったときには、保険の対象車の変更をしなければなりません。自動車保険は、契約している人ではなく車につけられています。そのため、車両の入れ替えの手続きをしていなければ、新しい車で事故を起こしてしまった場合に補償を受けることができません。 忘れずに任意保険の手続きを行いましょう。
また、今までの愛車を廃車にしたときには、普通車なら自動車税の還付があります。車検の有効期限が1か月以上あるなら自動車重量税や自賠責保険料の返還の手続きも行いましょう。
軽自動車の場合は自動車税の還付がないことや、下取りや買取の場合には税額相当を上乗せ対応する場合が多いことに注意しましょう。

名義変更を行う

車の売却をしたり新しい車の購入をしたりする時には、名義変更(車の移転登録)の手続きが必要になります。名義変更は、車の所有者を変更する手続きのことです。名義変更の手続きについては、ほとんどの場合、買取り店や新しい車の購入店などが代行してくれるので、必要な書類を用意すれば手続きしてもらえます。
知人や友人からの売却や譲渡であれば、普通車や軽自動車に必要な手続きをする準備をしておきましょう。

車の乗り換えの流れ

車の買い替えの流れとしては、現在の車の売却、新しい車の購入、納車に合わせて車の入れ替え、というものになりますが、それぞれのステップで検討する内容があります。さらに、この流れは状況によっては前後したり、同時進行になったりします。

車の乗り換えで考慮したいポイント

車の乗り換えで考慮したいポイントには、保険に関する手続きも含まれます。車の保険は「自賠責保険(自賠責共済)」と「任意保険」の2種類があります。それぞれの保険について車の乗り換えに必要な手続きを確認しましょう。
さらに、ローンで購入する際の金利について、また愛車を高い金額で売却するためにできるポイントや乗り換えに際して必要になる期間についても、前もって考慮をしておく必要があるでしょう。

自賠責保険の手続き

「自賠責保険(自賠責共済)」とは、自動車損害賠償保障法に基づいて全ての自動車に加入が義務付けられている保険です。「自賠責保険(自賠責共済)」は、被害者の救済を目的としていて、事故によって相手に損害(ケガ、死亡)を与えた場合にのみ補償がされることになります。

車の乗り換えをする場合の「自賠責保険(自賠責共済)」の手続きは、一般的にディーラーや買い取り店に任せることができます。車を売却するときも乗り換えるときも自分で手続きをする必要はありません。

新しい車に乗り換えるときには、新たに「自賠責保険(自賠責共済)」に加入をする必要がありますが、車の販売店やディーラーなどでも加入の手続きができますので、手続きを任せることができます。

任意保険の手続き

新しく購入する車が決まったら、忘れずに「任意保険」の切り替え手続きを行ないましょう。これまで加入していた保険を継続するには、保険会社に連絡をして、車両の入れ替え手続きを行なう必要があります。

車の買い替えの時に、新しく任意保険に加入をしたいと思うときには、購入するディーラーにお任せすることもできますし、じっくり自分に合った保険を検討したいという場合には、保険会社の比較サイトなどを活用して、複数の保険を比べてみるのもよいでしょう。

また、車の乗り換えのタイミングで、補償の内容や特約なども再考してみるのはおすすめです。

お車の販売店の多くは保険の取り扱いもありますので
加入されている保険の証券をもって試算しましょう!

現在の愛車を高く売る

車を高く売るには、まず売却相場の把握や手放す時期も重要です。売却相場の把握ができれば、買取店が提示した査定額が妥当な物かどうかを判断できます。
さらに、車を高く売るには車を売る時期にも気を配ることができるでしょう。 毎年1月〜3月、9月〜10月は車が高く売れやすい時期といわれています。この時期には、中古車販売の決算期と重なりますので、相場よりも高い金額での買い取りが期待できるでしょう。
また、年度の変わり目や人事異動など、新生活を迎える人が多く、車のニーズが高まる時期ともなっています。この時期に車を売ることで、買取額アップの可能性が高まります。
売却時期を選択できるなら、高く売りやすい時期を選ぶのはおすすめです。

乗り換えに必要な期間

車の乗り換えにはどれくらいの期間がかかるのでしょうか。車の買い替えには手続きが多いので、一般的には1か月程度の期間がかかるとされています。
書類の手続きの他に、車検を通す必要があるならメンテナンスと車検、さらに車庫証明の手続きがあります。これらをすべて行うのに、1か月ほど見ておきましょう。
中古車の場合には、さらに短期間で納車できる場合もあります。しかし新車の場合には、希望するグレードの車が納車されるまで、1年以上必要というケースもあるでしょう。

新しい車を購入したい
でも納車までの期間が気になる…

でしたら、即納車もおすすめです!
当社では、台数限定の即納車もご準備しております。
ご検討の方はお早目にご相談ください。

まとめ

車の乗り換えの前に準備をしておくことで、車の売却の相場を把握したり必要書類の準備といった手順を踏むことができ、安心して交渉できるでしょう。
カーオーダーMでは、買取査定も実施しています。さらに乗り換えの場合は、査定金額が増額になることもあります。

ぜひご希望の車が、月々いくらで購入できるかを確認してみてください。

関連記事

  1. コーティングメンテナンス(^O^)

  2. 保険の見直し

  3. キックダウン

  4. タフトの電動パーキングブレーキ設定方法

  5. 【悲報】新車に雨シミが!?市販の溶剤で綺麗にしてみた

  6. 免許取るならATとMTどっちがオススメ?