冷却水の重要性

皆さん、冷却水の事は気にされていますか?(^^)

冷却水(クーラント)は文字通り、

エンジンを冷やす為の水です。

もし、量が足りなくなってしまったら

エンジンを冷やす事ができなくなり最悪エンジンを破損させてしまいます。

冬場は気温が低いので、

クーラントの量が少なくても

外気でエンジンが冷やされすぐに症状が出ない場合があります。

しかし、夏場は外気温も高くなるので、

冷却水が少なくなるとあっという間にオーバーヒートしてしまう事があります。

怖いですね・・・

オーバーヒートを起こした状態で走行を続けると・・・

エンジンのヘッドが歪み、

ヘッドガスケットが抜けてしまい、

いくら冷却水を補充しても、

エンジンの燃焼室やオイルラインに冷却水が入り込んだりして、

クーラントを補充し続けなければならない状態になったり、

ラジエターの方にエンジンの圧縮混合気が吹き抜けてき、

走行不能になってしまいます。

そうならないように、カーオーダーMで補充しましょう(*^_^*)

点検時に冷却水を確認して足りなかったら

補充の案内を致しますので安心ですよ(^^♪

是非是非(^^♪

o0540040512072171870[1]

関連記事

  1. ガス欠初体験(笑)

  2. ホイールコーティング(*^_^*)

  3. 汚れを簡単に落とせる溶剤(*^_^*)

  4. 嬉しい納車特典(*^_^*)

  5. 軽研磨(^^♪

  6. バッテリーが抜かれていて鍵が閉まらない(笑)