やられた!!車に鳥フン・・落とし方は?

こんにちは!
カーオーダーMです🚙
今回は、カーオーナーの皆様は避けられない「鳥フン」について記事にしています🥺
鳥フンは慎重に落とさないと傷の原因になります💦
綺麗な落とし方のテクニックを細かくご紹介していきます✨

早めの対処がオススメ



鳥フンを見つけたらなるべく早く落とす事をオススメします!

鳥フンは時間が経つと固まってしまい、落とすのも一苦労・・
かつボディに傷が付く原因にもなります!

完全に固まる前だと綺麗に落とすことができるので見つけた際は
なるべく早く落とすようにしましょう!!

また、無理やり拭き取るのは絶対にNGです💦
車を綺麗に乗る為にも下記の注意点に気を付けてやってみてください✨


準備する物


鳥フン除去で必要なものは、専用の用品が必要なこともありません!
家庭で簡単に用意できるものです🤗

①ティッシュペーパー

②水

③ボディ用のタオルを濡らして固く絞ったもの

たったのこれだけです✨

準備ができたら早速鳥フン除去していきましょう!!

鳥フン除去手順


さっそく鳥フン除去していきましょう!

①ティッシュを数枚とり、水に浸します

②濡れたティッシュをフンの上に乗せます
→鳥フンがばらけている場合はそれぞれに乗せましょう

③このまま5分程放置します

④力を入れずに、ティッシュをずらします

⑤フンが取れたか確認

⑥固く絞ったボディ用のタオルで水滴や周りを綺麗に拭き取ります



落ちない場合は?



上記の方法ですると基本は傷もつかずきれいに落とすことができます!
ですが放置されていた鳥フンなどは落ちない可能性もあります😭

そんな時は、ティッシュをぬるま湯につけて放置時間を伸ばしてみてください!
そうすることで固まってしまった鳥フンもすぐ柔らかくなり、落としやすくなります♪



注意点



鳥フン除去での注意点は2点あります!

1つ目は何度も言いますが無理に取ろうとしたり、強くこすったりしないようにしましょう💦
せっかくのお車のボディが傷ついてしまうかもしれません😲

2つ目は乾いたタオルで拭き取る事はNGです!
こちらも、ボディに傷をつける原因になるからです😭
タオルは一度濡らして固く絞ってから使用しましょう!

こちらは洗車の時も同じです♪
ぜひ覚えていってください✨


まとめ

いかがだったでしょうか?
鳥フンは絶対に避けられない悩みですよね😭
鳥フンを見つけた時は焦らず、記事の落とし方を参考にしてみてください♪

またご自身じゃ不安という方は当社でも手洗い洗車を行っています✨
keeperの資格保有者も在籍しておりますのでお車のお困りごとは是非ご相談くださいませ(^▽^)/

関連記事

  1. モールの汚れ(一_一)

  2. ハンドルスピンナー購入(^^♪・・・

  3. タントファンクロスの特徴は?タントとの違いや積載能力をチェック! 

  4. 冷却水の重要性

  5. ピットを新しくします♪

  6. 実は相性が良い!自動車保険×ドライブレコーダー搭載で安心!