免許取るならATとMTどっちがオススメ?

こんにちは!
カーオーダーMです🚙


学生の皆様やこれから免許を取る予定のある方は、
オートマ限定にするべきか、マニュアルにするか、迷いますよね(>_<)

今回は、AT車とMT車の違いの部分から今回は解説していきます✨
免許を取りに自動車学校に行く前に是非チェックしてみてください👍

AT車(オートマ車)とMT車(マニュアル車)の違いは?

まず最初にオートマとマニュアルの違いをカンタンに説明します(*‘ω‘ *)

◆AT車(オートマ車)とは?

オートマとは「オートマチックトランスミッション」の略です。

言葉だけ聞くと噛んでしまうような車ですが、ザックリ言うと、自動でギアチェンジをしてくれる車です✨

また、オートマではシフトレバーが「P(パーキング)」や「N(ニュートラル)」以外の時は、少しずつ前進するようにできています。
(専門用語でクリープ現象)

自動でギアチェンジするため運転に集中でき、発進する時のエンストの心配がないです。
どの車種でも選ぶことができるかつ、免許取得が安くなる為選ばれる方が多いです😚

 

MT車(マニュアル車)とは?

マニュアルとは、自分でギアチェンジをする車です。

ギアチェンジをするためには、ブレーキとクラッチを操作しながらギアをチェンジします!

マニュアル車の方が自分でギアチェンジをする楽しみがあるため、運転好きの人は敢えてマニュアル車を好んで購入する方もいます🤗

上手に走れば低燃費で走れたり、アクセルとブレーキの踏み間違いによる急発進が少なくなるなどのメリットもありますが、片手が埋まってしまい運転が面倒だったり半クラッチをうまくやらないとエンジンが止まる等のリスクもあります💦

オートマ車とマニュアル車の免許取得の割合は?

最近ではマニュアル車はかなり減り、オートマ車限定で取得する人が増えています。

約67%の方がオートマ車限定免許になります。

つまり免許を取得する人のうち3人に2人がオートマ車限定で取得しているということです!

オートマギアの記号の意味

今は主流になったAT車ですが、6種類のギアの意味について詳しくお話していきます✨

◆「P」パーキング停車時

Pはパーキングの略で、車を完全に停車させる時に使います。
エンジンを切る前に設定することが多く、パーキングブレーキと併用して使います。
ギアをPに入れてパーキングブレーキを併用すれば、ブレーキペダルから足を離すことが可能です!

◆「R」リバース:バック時

Rはリバースの略で、車を後退させたい時に使います。
バック駐車や車の位置を変える時に使うため、基本的に走行中は使用しないギアと言えるでしょう。

◆「N」ニュートラル:停車時

Nはニュートラルの略で、停車時に使います。
エンジンの力をタイヤに伝えないようにするギアなので、車は慣性の法則に従う状態になります。
ニュートラルを使う時は、フットブレーキの併用は必須。
車がエンストしてしまい、人の手で押す時などに使用するギアと言えるでしょう。

◆「D」ドライブ:走行時

Dはドライブの略で、走行時に使うギアです。
ギアをDに入れてパーキングブレーキを解除し、アクセルを踏むことで車が前進します。
自動で1速2速と変速を行ってくれるため、基本的には何もする必要がありません。

◆セカンド:下り坂走行時

Sはセカンドの略で、強いエンジンブレーキをかけたい時に使います。
具体的には2速でギアを固定してくれるもので、長い下り坂で車が加速していかないようにします。

◆「L」ロー:急な下り坂走行時

Lはローの略で、セカンドより強いエンジンブレーキをかけたい時に使います。長い下り坂で使うのはもちろん、急な上り坂で強い力が必要な時にも使います。

上記のように使い分けることができますが、基本的に走行中はドライブのままでOKです🤗

オートマ車は、この6種類のギアを選べばコンピューターが適切な対処をしてくれるのが特徴です✨

まとめ

いかがだったでしょうか?
結論から言うと運転しやすく、車種も幅広いオートマ車がオススメです🤗
AT限定にしなかったが、MT車運転したことない!という方も多いです。
ですが、車を運転するのが好きな方はMT車でも日々のドライブが楽しめますね!


免許を取得し、初めてのお車でも安心の当社リースがオススメです✨
気になる方はぜひお問い合わせください♪

関連記事

  1. スイカ美味しく頂きました(^^♪

  2. SUVってなんだろう?(^^)

  3. タイヤチェーン(*^_^*)

  4. やられた!!車に鳥フン・・落とし方は?

  5. トヨタ車のスマートキーに関して

  6. 洗車機で車に傷がつくの?タイプ別特徴や気をつけるためのコツ