いよいよスタットレスシーズン到来!!最重要注意点とは…?

こんにちは!
だんだん気温も落ちてきて紅葉も目立ち始め
いよいよ冬が近づいてきました。

皆さんスタットレスタイヤのご準備は出来ていますでしょうか?
当社の周辺では積雪のある地域とない地域が入り混じっていて例年では
11月初旬からスタットレス入替のご予約が多くなります。

すっかり履き替えを忘れていて
いよいよ今週降りそう!急いでスタットレス履き替えないと!
となってからいろいろなところへ電話をかけるが予約が取れず…。
といった経験はありませんでしょうか?

ご自身で入れ替えられる方もいらっしゃると思いますが、
メーカーによってナットの形や個数だけでなく、
ネジ山の細かさやホイールによって使える使えないの相性がある事は
ご存知でしょうか?

そこで今回は当社でも一番人気でもあり、
間違いが起こりやすいホンダ、NBOXでの注意点をご紹介します。

今回題材になるNBOXはこちら!!
カスタムではないNBOXと右側がそのナットです。

通常、銀色のカバーがついていますが中には真ん中に穴が開き、
付けた時にボルトが貫通する、いわゆる貫通ナットが使用されています。

一般的には社外のホイール付スタットレスを装着する場合、
一緒に左側のナットを購入し、
装着すると思いますがここに注意点があります!!!!!

よく見て頂くと向かって手前側の車両に付く側の断面が
左は斜めなのに対し、右側は丸みを帯びた断面になっています。

これは自動車各社、独自の理論でいかに脱落せず、
緩みにくいかを追及した結果、各社形状が異なっていたりします。

NBOX(ホンダの場合)、純正多くの車がこの丸い断面、
”球面座”を採用しており、純正ホイール側も同様に接している面(座面)も
丸くなっており、純正ホイール+純正ナットを使用した際にしっかりと締め付けられ、効果を発揮します。

純正ホイールからスタットレスに交換する際、同じものを使用してしまうと
充分に締め付ける事ができず、
最悪の場合、走行中にタイヤが外れて大事故になってしまう危険性があるので
必ずその車両、ホイールにあった物をご使用ください。

わからない場合は当社にお持ちいただければ判断させて頂きますので
お気軽にお持ちください!

関連記事

  1. ハイゼット・アトレーの価格改定

  2. 【お得】ETCマイレージとは?

  3. 新登場!三菱「デリカミニ」ってどんな車?

  4. 大切です!!見えない所のメンテナンス

  5. 【ETCでポイ活!?】ETCマイレージサービスとは?        

  6. ダイハツ工業株式会社「認証申請における不正行為」について